少し前、帰省の際、

電車の中でこれを書きました。

(時間が足りず、今頃投稿・・汗・・)

 

 

先日の帰省は新幹線は使わず、
往復を鈍行での移動にしたら、
時間がたんまりあるので、

愛用のMacで。

・・とか言うとすごく使いこなしてそうですね笑

 

ポケットWi-Fi持ってるのに、

1度も外で使ったことがなく、

勿体ないのでこの機会にと思っただけなんです。

毎月支払いばかりで悔しいので笑
ーーーーーーーーーーーーーーー
そんな電車での作業中、
電車が急停車しました。。

 

ご存知の方もいると思いますが、
私、15年以上に渡ってパニック障害と共に
生活しているので、
こういった停車の仕方は動揺します・・汗汗汗

 
が、今はそんな電車の中にいても
だんだん平気になってきました。

 
以前だったら、
急に心臓がバクバクしてきて
冷や汗がダーっと出て、
頭がやたら冴えて来て、
いろんな物音に敏感になって、
一刻も早くこの箱の中から
出たくて出たくて仕方なくなって、
泣きたくなって、、

 

・・など
たくさんのいや~な感覚が一気に溢れて、
電車のドアが開いたらすぐに飛び出して、
当分電車に乗れなくなっていたのですが・・

今日も平気でした♪
(少しだけ心臓がバクッとなったけど)

 

 

どうやって平気になったんだろう。。
と振り返ってみると、
KYO-ZONを始めた頃から今まで、

 
自分とたくさん向き合って、
自分に必要な話を聴いて、
必要な人と時間を共有して、
日常的にも呼吸や瞑想をするようにして
もちろん精油を有効活用して、、

 

という事をしてきたからでしょうか。
とにかく、自分自身を、そして現状を受け入れる、
ということを努めてしてきました。

 

 

パニック障害の症状が出始めた20代の頃は
いつも眉間にしわを寄せているくらい、
ストレスフルで、
自分の事も大嫌いだったので、
自分と向き合うなんて
あの頃はとてもとても出来なかった。

・・というか向き合うなんて発想がなかった。

 

 

けれど、今はおかげで、
パニック発作に翻弄されていた頃に比べると、
気持ちがすごーーーーく穏やかになっています。

 

 

だから、あのいや~な感覚が襲ってきそうな時に、
不安」という感情よりも
「大丈夫」という肯定的な思考
変えられるようになってきて、
結果ツラい思いをすることが少なくなりました。

 

 

そもそも、
私は小さい頃から癇癪持ちだし、感受性が強過ぎて、
すぐにイライラして、
気分にすごくムラがあって、
ちょっとしたことにもすぐに敏感に反応してしまって、
すぐ悲しくなって泣きたくなってしまう。

 

そんな感情を他人にみせたら
変な人と思われる、嫌われる、と思って、
本当の感情を隠していることがとても多かったように思います。

 

人の目を気にしすぎる人だったんですね。

自意識過剰といいますか。

 

 

小さい頃から親や人に顔色を伺う質だったので、

自然とそれが身に付いているのかもしれません。

とはいっても所詮人間なので、

今も自意識過剰な面はありますが、

昔と違うのは、

それを客観視している自分もそこにいるんです。

 

 

そういえば余談ですが、
パニック障害になり始めた頃、
とにかく毎日がツラくて仕方ないとき、
カウンセラーの方のところへ相談に行ったところ、
こんなことを言われました。

 

「(私の)パワーが強過ぎて、

それを自分でコントロール出来ない状態」

「パワーをどう使えばよいか、
持て余している」

そしてせっかく付いて来てくれた当時の彼についても、
「今の彼では私のパワーを受け止めきれない」

 

・・・なんてことまで言われ。(失礼だな、しかし)
そんな出来事を今思い出しました。笑。

 

 

ちょっと話は逸れましたが、
そういう、感情を閉じ込めたり、

自分でもどうしたらいいのかわからない状態が

気づかないうちにどんどんストレスを溜めていたんですね。

 

 

当時の私は、

非常にキリキリとキツい人で、
そういうのがかっこいいとも思ってたので、
(もしかしたら無意識のうちに、

本当の自分を見せないための行動をとっていたのかも)

きっと昔の知人は
今の私に会ったら驚くだろうなと思います。

 

 

では、どのようにして思考の転換が
できるようになったのか・・?

 

 

・・・うーん。。
思うままに書いていたら
長文になってしまいました・・

ここからが本題ですが、、続きはまた改めて書きますね!!

 

 

長々と読んでくださって、
ありがとうございました^^