秋になって
「心身の調子が良くない」

と感じている方がいつもより多いようです。

 

要因は環境やストレス他、

その方により様々ですが、

調子が整わないときは

大抵「自律神経の乱れ」も関係しています 。

 

自律神経にはご存知の通り、

・朝ー日中 優位に働くやる気モードの<交感神経
・夕方ー夜 優位に働くリラックスモードの<副交感神経

という2つがあります。

この2つは体内時計に従って生活できれば、
バランスも整いやすくて良いのですが、

現代の生活ではなかなか難しい面もありますね。

 

ちなみにどちらの神経が<良い悪い>というのはありません

 

現代人は生活面から見ても<交感神経>が

働きすぎている場合が 多いですが、
かといって、<交感神経>が悪者ではありません。
<副交感神経>ばかりが働きすぎても、

倦怠感、意欲の低下、低 血圧症などの症状が起こります。

 

要はバランスです。

 

ですから、人によってどちらが必要か違ってきますが、

忙しくバ タバタ過ごしている方は

大抵<副交感神経>のレベルが低いようです。

 

しかも、

リラックスの<副交感神経>は

年齢とともに機能が低下 していきます!!

 

ということは、
<交感神経>ばかりが働いている状態に。
昔より睡眠が浅い、代謝が下がった、なども

これに関係していま す。

 

いかに<副交感神経>が働くように日々意識するかは、

エイジン グケアでもあるわけですね。
では、どうすれば・・・?
今すぐできる1番簡単な方法は、
何と言っても
++++++++++
<腹式呼吸>をする。
++++++++++ちなみに<胸式呼吸>は<交感神経>を優位にします。

 

<胸式呼吸>にもメリットはたくさんありますが、
自律神経の乱れの改善には<腹式呼吸>がおすすめです。

 

<呼吸>する際のポイントとして、
<吸う><吐く>がありますが、
<吐く>ときに緊張がゆるんで、副交感神経が優位になりますので、
<吸う>よりも長めにゆっくり吐き出してください。
KYO-ZONでは10秒といつもお伝えしています。

 

これは、毎日寝る前、など決めてしてもいいですが、
仕事中の緊張をゆるめる、駅で電車待ちのとき、など

いつでもで きますので、日常的にしてみてくださいね。
あと、
<(腹式)呼吸>が上手くできない、という方が
時々いらっしゃいますが、
そんなときは香りがあると、すんなり 呼吸できたりします。
お手持ちの精油があれば
それを香らせながら試してみてください 。

 

今すぐLet’s try!

 

KYO-ZONではご興味ある方には

呼吸の仕方についてもお伝 えしていますので、

どしどしお声掛けてくださいね!

 

アロマセラピーのトリートメント中も

呼吸に意識を向けると

余計なことを考えずに深くリラックスできますよ^^

まずはご自身の心身の様子を気にしてみてくださいね!