こんにちは。
KYO-ZON naho.です。

ーー

「なぜこの仕事を始めたのですか?」
の記事の中で

 

「アロマセラピストになりたい!と思う出来事も体験したのです。」

 

と書きました。

鬱やパニック障害から精油を使うようになったことも
大きな要因ですが、
他にもいくつか出来事がありました。

それについて「どんな体験なんですか?」と質問があったので、
詳しく書いてみますね。

 

「なぜこの仕事を始めたのですか?」
を読んでいない方は
意味が分からないかもしれないので、
よろしければコチラから読んでみてください。

 

ーー

アロマセラピストになる直前、
やっと見つけた好きでやりがいを感じていた仕事を失って
一気に鬱々な生活に入ったわけですが、

 

一人暮らしだった私は生活のために、
とにかく何かをしなければ!! ということで
当時販売のアルバイトしていました。

 

後から思えば、
その勤務先の会社にいた女性が
私とセラピストへを繋ぐ架け橋だったのです。

 

彼女は某有名アロマセラピーブランドの商品パッケージの
デザインをしているデザイナーさんで、

 

ある日、誰もが知る新宿の大手百貨店Iに入っている、
アロマセラピー商品を扱うショップの店頭で
「ハンドマッサージ(無料)をするバイトを探しているからどうか」と
私に声がかかったのでした。

 

化粧品など販売の仕事はしたことがありましたが、
当時はまったくアロマセラピーの知識はない頃。

 

ですが、販売力があったようで、
化粧品会社の頃もそのアルバイトでも売上が良かった私。

断れない性格も手伝って、
私は図々しくもアロマセラピストのようなフリをして
ハンドマッサージのバイトをすることにしたのです。

 

今なら「自信がないから、、」と
きっと断るんですけど。。
しかも、素人にそんなバイトを頼むって
(しかも売り場は私ひとり!)
思えばちょっといい加減ですよね。。

 

でも、今思うと、あれも私の潜在意識が
「これはやった方が良いよ!」
と声を掛けていたのかもしれません。

 

三日間ほどの勤務のために
一夜漬けの勢いでアロマセラピーについて勉強し、
精油や関連商品についても覚え、、、

 

意外と「その道のプロ」の顔を演じてしまえる嘘つきな私。(罪悪感・・)

 

その三日間は、
予想外にマッサージを希望される方が毎日コンスタントにいて、
精油と芳香蒸留水(精油を作る際に出来る精油成分も少し含んだ香りのある水)を使い、
ハンドマッサージを行なったのでした。

 

そうしたら!!!
香りの効果と手の温もりのおかげでしょうか、

 

マッサージをしながら、
みなさんご自分のお話をされるんですよ。

 

中には身の上相談のように話されて、涙する方まで。。
こちらまでウルウルしながらのマッサージ。

 

その流れから
「アロマセラピーっていいですね」
と、商品の購入までして下さる方も多く、

私はその三日間でアロマセラピーの凄さを
実感することになったのです

 

中でも息子さんのことで
悩んでいらっしゃる方が
涙ながらにお話されたあの時間、

 

こんなに香りが心に届くものなんだど、
そして私も一緒に柔らかい気持ちになったことは
忘れる事ができません。

 

あの時あの会社でアルバイトをしていなければ、
あの時あのデザイナーさんと出会っていなければ、
あの時ハンドマッサージの仕事をしなければ、、、

きっとこれら全ては必然で起こったのだと今ならわかります。

この出来事が、
「アロマセラピーをもっと深く学んでみよう」
という決意に繋がったのでした。